在宅医療専門医という働き方

在宅医療を目指したきっかけ

The reason for aiming

私は大学時代、リウマチ・膠原病を専門とするかたわら、在宅診療にもかかわってきました。リウマチというのは難治性の自己免疫疾患で、長い期間にわたって療養を続けなければならない病気です。そのため、病院で研修医として勤務していた時代から、リウマチのつらい症状をコントロールして QOL(クオリティ・オブ・ライフ。生活の質)を保つために、退院後の患者の訪問診療なども積極的に手掛けてきました。

そのなかで、患者の療養生活は「自宅」が中心であって、日々の生活の苦労や体調のちょっとした変化、不安などは、外来通院でのわずかな診療時間だけではとてもケアしきれないと痛感したのです。

そして病院よりも、患者の生活に長く寄り添っていける「支える医療」に携わりたいという思いが強まり、2015年、静岡県に在宅医療支援診療所を開設。在宅専門医の資格を持った在宅医として24時間、365日、さまざまな状態の患者を支えていけるように診療体制を整備し、日常の診察から看取りまで、数多くの患者とその家族を実際にサポートしてきました。

在宅医療を始めた患者や家族の皆さんが口々にいうのは、「もっと早く在宅医療を始めていたらよかった」ということです。在宅医療を始めると、毎回の通院にかかっていた負担がなくなるうえに、入退院を繰り返すこともなく、生活がとても落ちつきます。何よりも「何かあれば医師が24時間、いつでも駆けつけてくれる」という安心感があれば、ほとんどの患者と家族は在宅で十分に療養を続けていけるのです。

医療法人社団 貞栄会 理事長
医学博士

クリニックの特徴

Feature

在宅診療に携わるということに、どのようなイメージを持っていますか?

  • キャリアプランが崩れた人が行きつく先?
  • 一度在宅クリニックで働いたら病院勤務には戻れない?
  • 今後在宅医療にしか携われない?

こんなネガティブイメージではなく、「地域医療を学ぶキャリア形成の1つ」として捉えてほしいと思っています。
在宅専門医は1~2年の専従で専門医取得がかなりいます。

  • 総合内科専門医やプライマリケア専門医を目指す方々のスキルアップとして
  • 地域包括ケア病床など、在宅に送り出す側の 方が在宅について理解を深める場として

様々な働き方のキャリア形成を目的として、在宅クリニックで勤務するという選択肢を選んでみるのはどうでしょうか。

ここで何を学べるか

在宅専門医を目指しながら「在宅医療」という概念が学べます

  • 在宅患者800名 年間看取り数250名の在宅専門クリニックならではの体験ができる
  • 次世代を担う若い理事長のもとアットホームな環境での研修を進めることができる
  • 医療x IT効率的な在宅医療を経験できる
  • 多種職連携について実践ベースで課題解決しながら深く理解することができる

在宅クリニックでは、最先端の医療について学ぶことはほとんどないと言っても過言ではありません。
ここで学ぶことは、“今までの考え方をどう崩し、活かすか?”
ということです。私たち在宅クリニックでは、「私たちがどんな治療を行いたいか」ではなく、
「患者さんがどうしたいか・何を求めているか」
をともに考え実現することです。 医師として、患者さんとご家族に寄り添う医療を実現する在宅医療を学んでみませんか?

キャリアプラン

Career plan

在宅の基礎を学ぶ 〜3ヶ月 ↓

在宅の基本

在宅医療の診療を通じて、治療に加え医療・介護保険制度を学んで頂きます。

多職種連携

医療介護専門職や非専門職とが密に連絡・連携をとる中で見える課題と成功体験を積んでいきます。

看取り

看取り件数:年間約 200 件
看取り率:90.3%

看取り率平均60%という報告がある中で、上記数値が示すように 医師1人あたり30~40名のお看取りを経験して頂きます。

主治医として1人前の在宅医師に 〜8ヶ月 ↓

専門領域

高齢者に多い疾患である精神科、皮膚科、泌尿器科、循環器科等大学病院所属の非常勤医師と院内診診連携することで、診療の視野を広げて頂きます。

他施設見学

全国にある在宅専門クリニックと連携し実際に見学して頂くことで地域性も体験できるのが魅力です。

専門医取得を見据えステップアップ 〜1年 ↓

在宅の本質

治す医療から”その方の人生を支える”という在宅医療の真髄を理解して頂きます。

多職種連携の本質

多職種連携を”知っている”から”実践できる”へ昇華させて頂きます。課題の多い中共に悩み、一緒に解決していきましょう。

その後

❶ 在宅の第一線で活躍

分院長・開業支援

  • 当院の常勤医師として勤務
  • 関東・東海エリアに進出予定の分院長
  • 新規開業

など様々な働き方があります。

開業をお考えの方には開業支援も行います。 電子カルテ、レセプト、診療点数、クリニック経営など医師として勤めているだけではわからない開業への知識は山ほどあります。
全国の有名クリニックとも引けを取らない当院の経営ノウハウを余すところなくお伝えし、ともに在宅業界を発展させる仲間になってくれる方々の勉強の場を提供します。

❷ 総合病院・ 大学病院に戻る

今までとは違う感覚で患者様に接する

たとえば、飲み薬を 5 錠も 10 錠も処方されている患者さんがいたとします。医学的に見たら必要な数だったとしても、結局飲めずにいたら意味がありません。生活上飲めないのであれば、1 日 3 回のところを2回にしたり、 分量をかえてみたり。在宅に携わった経験があると、そういう転換ができるようになるのではないでしょうか。
患者さんの立場を理解した視点・考え方を持っているだけで、医者よがりな診療をしなくなることでしょう。
また、患者様への伝え方も変わってくるはずです。私たち医師が一生懸命説明したとしても、患者さんやそのご家族に 100%伝わっているわけではありません。医師同士や看護師と、患者さんでは伝わり方がまるで違います。 これに気づいたうえで病院勤務に戻ると、接し方の感覚が変わったことが実感できるので はないでしょうか。

c

当クリニックで在宅診療を見学・体験しませんか?

Tour

当院の在宅診療を体験していただくことができます

もっと知りたい、体験してみたい、見学してみたいなどございましたら下記フォームにご記入いただき送信をお願いいたします。
担当よりご連絡させていただきます。

体験・見学のスケジュールはご希望をお聞きした上で調整をさせてただきます。

ご質問フォーム(在宅医療専門医)